毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 capの本capの本 TaktバックナンバーTaktバックナンバー

タクト会員について 読者プレゼントに応募

インスタグラム フェイスブック
Follow us インスタグラム フェイスブック タクト会員について

グルメ Gourmet

【富山の銘菓】「富山のお菓子といえば…」富山を代表する銘菓を3つご紹介!

 あの人はどうしてるかなと、思いを致すことも増えた昨今。大切な人やお世話になった方に、富山を代表する銘菓をお届けしてみては。今回は、富山を代表する老舗の銘菓を3つ厳選してご紹介します!

・ ・ ・ ・ ・

甘酒まんじゅう 竹林堂(ちくりんどう)

甘酒の風味に
郷土色を感じる
102085_02.jpg
甘酒まんじゅう 1個 150円(税込)

 『竹林堂本舗』の「甘酒まんじゅう」は、240年余の伝統の製法を現在に受け継いでいます。生地に合わせる甘酒は、うるち米と米糀を原料にした自家製。販売する前日に甘酒を仕込んでおり、作り置きすることは一切ないとのこと。また生地は小麦粉と甘酒のみで作られており、膨張剤は加えていないそう。独自性が高く郷土色にあふれる和菓子は、一度食べると忘れられません。近年は糀の力を持つ和菓子として、幅広い世代から注目をあびています。

竹林堂
富山市中央通り1-5-2
TEL:076-423-8424
営:9:00~19:00
休:水曜、ほか臨時休業あり
P:なし


・ ・ ・ ・ ・

とこなつ本舗 大野屋(おおのや)

大伴家持の歌に由来
明治に生まれた和菓子
102085_03.jpg
とこなつ 1箱6個入り 648円(税込)

 現在9代目の主人が営む『大野屋』は、万葉の歌人・大友家持にちなんだ和菓子を作っています。明治時代に誕生した代表銘菓「とこなつ」もそのひとつ。家持が立山の頂に降り積もる雪を眺めて詠んだ歌を、職人が直径約3センチほどの小さな和菓子に表現したそう。厳選した備中白小豆を求肥で包み、和三盆糖をまぶしてあります。ひんやりとした雪を想像しながら、口に運んでみて。

大野屋
高岡市木舟町12
TEL:0766-25-0215
営:9:00~18:00 (臨時)
休:水曜
P:4台


・ ・ ・ ・ ・

鈴木亭

立山杉の年齢を刻む
縁起のいい羊羹
102085_04.jpg
杢目羊羹 大型1本 980円

 『鈴木亭』が創業した1866年から受け継がれている「杢目羊羹」。立山杉の木目を表現しようと初代が考案した製法は、現在に至っても秘伝を貫き通しています。木目模様は小豆と白いんげん豆の色の違いによって表現されており、どこを切っても美しい年輪が。創業時から配合割合を一切変えておらず、あっさりとした甘さや柔らかな歯ごたえも代々受け継がれてきました。昨年、5年の構想が実現して「黒杢目羊羹 大黒柱」が誕生。こちらは沖縄産の黒砂糖と白いんげん豆で木目を表現しているそう。ネーミングも手伝って、取引先や家長への感謝の気持ちを託す贈り物として人気が高まっています。

鈴木亭
富山市西町6-3
TEL:076-421-4972
営:8:00~17:00
休:無休
P:なし


* * * * *


 いかがでしたか? ほかにも富山を代表する老舗の銘菓のお店を、Takt7月号『オトメ・ラ・グルメ』で紹介しています。ぜひお手にとって、チェックしてみてくださいね!


\書店・コンビニで好評発売中/
102085_05.jpg

その他のグルメ記事