毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 TaktバックナンバーTaktバックナンバー

タクト会員について

インスタグラム フェイスブック
Follow us インスタグラム フェイスブック タクト会員について

グルメ Gourmet

注目の新しい酒場をさきどり! 今チェックしておきたいホットな酒場

 いま、お酒や料理もしっかり楽しめる酒場が増えています。どのお店も、今までになかった目新しいスタイルが人気の理由。5月10日(金)発売のTakt6月号では、『新スタイルのおいしい酒場へ』と題して、個性的な新店を中心に、富山の酒場のいまを徹底紹介! 今回は、昨年末から新しく開店した、ワイン×料理に新たな楽しみ方を提案するお店を3店ピックアップ!

・ ・ ・ ・ ・

日本食とワイン かわはら

101379_02.jpg
ワインセラーでどれにしようか迷うのも楽しい。価格帯も幅広く、すべてのボトルに価格が書かれているので明朗なのもうれしい。河原さんの渡仏時代の知人が作ったワインもある。

新しい食の提案に、ワクワクが止まらない
日本食とワインのマリアージュを楽しむ

 この春、新高岡駅近くに開店した『かわはら』は、日本食とワインを味わいながら楽しい時間を満喫できる。店主の河原さんは神戸で和食を修業した後、30歳のときにフランスに渡りブルゴーニュの日本食レストランで腕を振るった。現地の食材と触れ合う中で、和食にフレンチの要素を融合させた独自の料理に辿り着いたという。提供するメニューは、出汁を引くなど和食をベースにしながらも、味付けは甘辛さを控えてオリジナル要素を加えているそう。食材は無添加にこだわり、海外の香辛料やハーブ、オリーブオイルなど、幅広い食材で小技も利かせる。今後はさらに、地元の野菜や加工品も積極的に取り入れる方針。ワインは、フランス産を中心に約80種類を揃えている。お客さんがセラーに直接入って、ワインを選べるスタイルが面白い。

101379_03.jpg
「ラムのたたき」(900円/税込)は、河原さんが「お店の定番にしたい」と語るメニュー。自家製の合わせ醤油をベースにしたポン酢で味わうラムは、どこか新感覚で面白い。

2019年3月5日 OPEN
日本食とワイン かわはら
高岡市京田601
TEL:0766-95-3070
営:18:00~23:00
休:不定休
P:8台
席:カウンター6席、テーブル10席、個室テーブル8席

・ ・ ・ ・ ・

吟魚のはなれ 吟チロリ(ぎんチロリ)

101379_04.jpg
『吟チロリ』は、『吟魚』にはない中華料理がメニューに並び、「木須肉」(680円)もその中のひとつ。中華の経験を持つ料理人が作っているので、味も確か。

人気居酒屋の2号店は
お酒も料理もプラスαの新展開

 昨年11月、富山駅前の人気居酒屋『吟魚』が、吟魚のはなれと銘打った2号店『吟チロリ』をオープンさせた。『吟魚』から歩いて3分ほどの立地で、道路沿いに看板などの目印は出していない。料理の仕込みは、2店舗分をまとめて行うことで、味の違いが出ないようにしているという。『吟チロリ』の特徴は、自慢の魚介だけでなく、中華や薬膳メニューも味わえること。ナチュールワインも揃え、新たなお酒の楽しみ方を提案している。日本酒は地酒に加えて、秋田や岡山など酒処の銘柄もあり、飲み比べを楽しむ人も多い。店舗の目玉でもある立ち飲みスペースを、0次会や待ち時間に利用するのもおすすめ。

101379_05.jpg
7種類の魚介を盛った「刺身盛り」(2人前1,500円)は、大半のお客さんが注文するお店の名物。新湊や四方漁港を中心に、県内の漁港に水揚げされた新鮮魚介が美しい。

2018年11月19日 OPEN
吟魚のはなれ 吟チロリ 
富山市宝町2-4-20 宝町ビル1F
TEL:076-442-5135
営:17:00~深夜0:00(LO23:30)
休:月曜(祝日の場合も休業)
P:なし
席:カウンター15席、テーブル12席、小上がり20席
 ※ほかに立ち飲みスペースあり
HP:Instagramあり

・ ・ ・ ・ ・

『肉山』富山(にくやまとやま)

101379_06.jpg
赤牛の赤身は、網から下ろしてすぐにカットすると旨味が逃げてしまうので、少し寝かせてから切っているそう。オリジナルワインとの相性もいい。

東京・吉祥寺発!! 予約の取れない人気店
赤身肉で知られる『肉山』が富山上陸

 予約の取れない人気店として注目が集まる東京・吉祥寺の『肉山』が、3月に富山駅前に上陸。噂を聞きつけたグルメな客が集い、連日満席の盛況を博している。料理は5,000円の「お任せコース」のみ。熊本県産赤牛の赤身や黒部名水ポークのロースといった、炭火焼きのお肉が主役。「赤身肉本来のおいしさを味わってもらえるように、お肉は塩のみで味付けしています」と店長。テーブルにセットしてあるオリジナルのチリマスタードや柚子胡椒、ヤンニョムジャンをお好みで添えて、味の変化を楽しむのも『肉山』の醍醐味。コースは、パテやソーセージ、焼き野菜、〆のご飯も付く充実ぶり。まずは予約を。

101379_07.jpg
豚肉は、弱火で80分かけて火を入れる。焼くときは、広島産の藻塩を使って軽く味付け。キムチやヤンニョムジャンを添えて食べるのもおすすめ。

2019年3月23日 OPEN
『肉山』富山 
富山市新富町1-3-22 やま基ビル2F
TEL:050-3184-1080
営:18:30~ ※完全予約制
休:月曜
P:なし
席:カウンター10席、テーブル14席
HP:Instagramfaceboookあり
※予約を受け付ける日程など、お店の詳細情報はSNSで確認。


* * * * *

 まだまだご紹介したいお店はありますが、今回はここまで。Takt6月号で他のお店もチェックして、夜の街に繰り出そう!

\書店・コンビニで好評発売中/
101379_08.jpg


その他のグルメ記事