毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 capの本capの本 TaktバックナンバーTaktバックナンバー

タクト会員について 読者プレゼントに応募

インスタグラム フェイスブック
Follow us インスタグラム フェイスブック タクト会員について

グルメ Gourmet

【富山名物】地元タウン誌編集部推薦!一度は食べたい富山の「ます寿し」6選

102214_02.jpg
 言わずと知れた富山名物・ます寿司。ずっと変わらない伝統の味から、アレンジを加えた個性派、気鋭の新店がつくる逸品まで、食べ比べして楽しんでみては♪ お土産または自分へのご褒美にできる、ます寿司のお店をまとめてご紹介します!
地元タウン誌編集部がオススメする
・ ・ ・ ・ ・

 青山総本舗の「特選 鱒寿し(銘々包み)」 一段 3,100円
※数量限定
102214_03.jpg

 「もっといいものを作りたい」という気持ちを抱き、挑戦を続けている『青山総本舗』。2006年に販売を始めた「特選 鱒寿し(銘々包み)」もそのひとつで、希少な天然の桜鱒を使った鱒寿しを食べて欲しいという店主の想いを形にしました。上品な特製の風呂敷を用意し、食べやすいようにと一切れずつ笹で包んであります。大切な人への贈り物にも最適!

鱒の寿し 青山総本舗(あおやまそうほんぽ)
富山市新富町1-4-6
TEL:076-432-5324
営:8:00~16:00 ※売り切れ次第終了
休:日・月曜(月曜が祝日の場合は火曜)
P:なし

・ ・ ・ ・ ・

高田屋の「ますの寿し」 一重 1,600円(税込)
102214_04.jpg

 明治初期の創業以来、製法もレシピも変えずに味を守る『高田屋』。店主が重視しているのは、基本に忠実に作ること。鱒にあてる塩や酢は、ほかも試しましたが、代々使っている塩や酢が一番おいしいという結論に辿り着きました。ご飯や魚の厚さも、適正なバランスや量を大切にし、米を研ぎ始めた瞬間から仕上がりが見える「ますの寿し」を作ります。
 
高田屋(たかたや)
高岡市南幸町4-16
TEL:0766-24-0811
営:8:00~売り切れ次第終了
休:木曜
P:あり

・ ・ ・ ・ ・



源の「特選ますのすし」一重1,900円(税込)
102214_05.jpg

 数ある「ますのすし」のなかでも、「特選」は脂ののった個体を選び抜き、厚めに切った鱒を酢飯に合わせています。全国に名をはせる『源』のおいしさの秘訣は、材料や製法への徹底したこだわり。オリジナルの合わせ酢は、ブレンドしている素材や配合を知っているのは限られたごく一部の職人のみの秘伝の味。富山県産の米もその年々の状態を見極めて選定するなど、おいしさへの探求心は尽きません。

源 ますのすしミュージアム
(みなもと ますのすしミュージアム)
富山市南央町37-6
TEL:076-429-7400
営:9:00~17:00
  ※時短営業の場合あり
  (TELまたはHPで要確認)
休:無休
P:ますのすしミュージアム駐車場

・ ・ ・ ・ ・

吉田屋鱒寿し本舗の「昆布鱒寿し」 一重 1,900円(税込)
102214_06.jpg

 『吉田屋鱒寿し本舗』の「昆布鱒寿し」は、昆布の消費量が全国トップクラスの、富山らしさがあふれています。誕生のきっかけは「昆布を使った鱒寿しが食べてみたい」というお客さんの一言。昆布は2種類使っており、表面はバッテラに使われる白板昆布、底にはおぼろ昆布が敷き詰めてあります。昆布の旨味が時間をかけて鱒や酢飯に馴染むので、作りたてよりも半日から一日経ってから食べるのがおすすめ!

吉田屋鱒寿し本舗
(よしだやますずしほんぽ)
富山市安野屋町2-6-6
TEL:076-421-6383
営:7:00~18:00 ※売り切れ次第終了
休:日曜は予約のみ販売、第2or3木曜休みあり
P:3台

・ ・ ・ ・ ・

大辻の「炙ります寿し」 一段 1,900円(税込)
102214_07.jpg

 『大辻』の一番町店は、昨年12月に同ビル内で移転をし、広々とした空間で買い物ができるようになりました。立山本店やあるぺん村と同じく、脂ののった肉厚のマスを使った「幻のます寿し」を看板商品に、多彩なます寿しの販売が行われています。「炙ります寿し」は「幻」のトロ身をバーナーで程よく炙った逸品。通常の1.5倍もある肉厚なマスを使っているので、芳ばしさとレア感を一度に味わえるのが魅力です。

寿し工房 大辻(おおつじ) 一番町店
富山市一番町3-26
TEL:076-420-4659
営:9:00~19:00
  ※時短営業の場合あり
休:無休
P:なし

・ ・ ・ ・ ・

はりたやの「魚卸問屋の鱒寿司」 一段 1,800円(税込)
102214_08.jpg

 魚津漁港そばにオープンしたばかりの『はりたや』は、魚卸問屋を営む店主が、魚を扱うプロの立場から「鱒寿司」の旨さを追求しています。まぶしいほど鮮やかな鱒は厳選したトラウトサーモンで、超厚切りで酢飯に合わせるのがモットー! 塩の量や合わせ酢に浸す時間は最小限にし、生っぽいレアな身にこだわります。季節ごとに塩加減を調整し、常に極上の味を届けていきます。

魚卸問屋 はりたや
魚津市港町5-18
TEL:0765-33-4005
営:9:00~17:00
休:火・水曜
P:5台

* * * * *

 いかがでしたか? 日刊オンラインタクトでは、富山県の気になるお店やスポットをお届けしています。ぜひチェックしてみてくださいね!


その他のグルメ記事