毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 capの本capの本 TaktバックナンバーTaktバックナンバー

タクト会員について 読者プレゼントに応募

インスタグラム フェイスブック
Follow us インスタグラム フェイスブック タクト会員について

暮らし Life

顔のたるみ防止!美肌のプロに聞いた表情筋エクササイズとスキンケア

 年齢とともに段々と気になってくる頬のたるみなどのフェイスラインの崩れ。自分で鏡を見るときは、ついついキメ顔になっているので気づきにくいものですが、不意に撮られた写真に驚くことも。毎日の生活を見直して、いつまでも若々しくいきましょう。今回は「顔のたるみ解消」についての情報を富山市『adela』阿部智子さんにお聞きしました。


毎日のエクササイズで
表情筋を鍛える

 フェイスラインの崩れは、主に加齢が原因ですが、スマホやテレビを無表情で見る、会話が少ないなどの日常生活にも原因があります。

 そもそも日本語は、話すときに顔の筋肉を2〜3割しか使わない言語と言われています。そのため、年齢とともに表情筋も衰えやすく、たるみの原因に。対策として、顔の筋トレで表情筋のエクササイズをするのが効果的。一つ目は道具不要、鏡を見ながら行う「あ・い・う・え・お」運動です。「あ」「い」「う」と音を区切り、顔全体を使って思い切り筋肉を動かします。声は出さなくてもOK。最初は鏡を見ながら動かす筋肉をしっかりと意識して行うといいでしょう。慣れてきたらバスタイムやTVを見ながらでも大丈夫です。「あ〜お」を1セットとし約5回が目安。

101948_02.jpg

 
  2つ目は「パーツ寄せ・伸ばし」。目や口といった顔のパーツを全力で顔の中心に寄せて「酸っぱい顔」をつくります。次は逆に全力で目を見開き、口も大きく開けてパーツを伸ばします。“寄せる”と“伸ばす”を1セットとし5回繰り返します。最後の3つ目は、口の周りのエクササイズ。口の周りの筋肉が緩むと、縦じわが目だったり口角が下がったりして一気に老けた印象になってしまいます。そこで口の周りをぐるりと口内から舌で押しながら1周します。左右それぞれ10周が目安です。



スキンケアから日常の動作まで
ちょっとした気遣いでたるみ防止 

 顔の筋肉と同じように大切なのが、肌の衰え。肌の健康がとても大事です。まずは、肌の大敵紫外線を寄せ付けないこと。1年を通してUVケアはマストです。肌の弾力を保つのに必要なコラーゲン、エラスチンがダメージを受け、たるみにつながります。日焼け止めは、冬でも夜以外は必需品。肌に負担の少ないSPF25〜30、PA++くらいのものを使用するとよいでしょう。また、多くの人が塗り方が不十分で日焼け止め効果が得られていません。使用する日焼け止めの使用方法、適量を守り、ムラなく均等に塗るようにしましょう。耳の周りやあごの裏の塗り忘れにも注意。。
101948_03.jpg
 身体の内側からのケアとしては、コラーゲンを生成するのに必要なものを食事から摂ること。動物・植物性タンパク質、大豆イソフラボン、ビタミンCなどを含む食品を継続的にバランス良く摂取するよう心掛けてください。また、コラーゲンやダメージを与える活性酸素などの有害物質を無害な物質に変えるポリフェノールなども、毎日少しずつ意識して摂ることが大切です。
101948_04.jpg
 また、睡眠は日中のダメージを修復してくれる成長ホルモンが出るので重要です。深い眠り(ノンレム睡眠)のできる環境を整えて、質の良い睡眠をしっかりとりましょう。そのほかにも、ほお杖や噛みぐせ(どちらか一方で噛む)、バッグをいつも同じ肩にかけるなどの日常の動作も肩こり、首こりに繋がり、血流が悪くなり肌に悪影響を与えます。
101948_05.jpg
 ただ、あれもこれもすべて実践しようと思うとかえってストレスになり肌のためにもよくありません。自分で、「できそうだと思うものから、まずは始めてみるとよいでしょう。


[今回お話を聞いた方]
「adela」阿部智子さん
富山市高木南108-13
☎:070-4292-1293 (完全予約制)
休:木・日曜、祝日

※2019年3月10日発売「Takt4月号」掲載時の情報です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 いかがでしたか? 月刊「Takt」内のコーナー「新・暮らしノート」では、毎日の生活で役に立つ情報や覚えておきたい暮らしの知恵などを、県内の専門家に解説していただいています。気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね!



\書店・コンビニで好評発売中/
101935_06.jpg


その他の暮らし記事