毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 capの本capの本 TaktバックナンバーTaktバックナンバー

タクト会員について 読者プレゼントに応募

インスタグラム フェイスブック
Follow us インスタグラム フェイスブック タクト会員について

グルメ Gourmet

【富山のおいしい逸品】宝袋のフォルムにときめく 白餡と羽二重粉の豊かな風味 富山・光春の「日花里」

 月刊Taktが贈って楽しい、もらってうれしい富山の逸品を紹介していく「手みやげじょうず」。今回は富山市の和菓子店『光春』がつくる「日花里」をご紹介します。


宝袋のフォルムにときめく
白餡と羽二重粉の豊かな風味

101937_02.jpg
厳選した最高級の素材で作る「日花里」(1個250円/税込)。
水にもこだわり、富山市石倉町の延命地蔵の水などの名水も使っている。

 「日花里」は、南富山駅近くの住宅街にある和菓子店『光春』の商品。店主の碓井さんが自宅を改装した場所で、手の温もりが伝わる和菓子の製造を行っています。花鳥風月を映した練り切り、松ぼっくりや枝豆をかたどった州浜は、茶人も信頼を寄せる逸品。「日花里」は、9年前の創業時から通年で作り続けてきた商品です。お店のマークと同じ宝袋の形をしており、控えめに金箔が飾ってあり、滋賀県産の羽二重粉を使った生地は柔らかで、粒の残った白餡は甘すぎず素材の豊かな風味が伝わります。


* * * * *

「日花里」
価格:1個250円(税込)
販売元:光春
富山市堀川小泉町2-3-2
HP:www.koushun.jp(オンライン購入可能)

 気になった方は書店やコンビニ、クスリのアオキで絶賛発売中のTakt5月号でも紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね!


101937_04.jpg

その他のグルメ記事