毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 capの本capの本 TaktバックナンバーTaktバックナンバー

タクト会員について

インスタグラム フェイスブック
Follow us インスタグラム フェイスブック タクト会員について

暮らし Life

黒部市生地をぶらり街めぐり ちょっと足を運んで立寄りたいお店をご紹介!

 北アルプスから届く清水と潮の香りがただよう港町、黒部市生地エリア。いたるところで出会える、自然がもたらす新鮮な食べ物や美しい場所。人との繋がりを感じられる温かいこの街に訪れてみませんか♪

・ ・ ・ ・ ・

UROCO.
(ウロコ)

101717_02.jpg
今年入荷した熊本の「小代焼」は、泥をかけ流す技法のスリップウエアが魅力。
一つひとつの違った味わいはぜひ店頭で確かめてみて。

同じものはない手のぬくもり
新たな器との出会いを楽しむお店

 2010年の春にオープンし来年で10年を迎える『UROCO.』。西日本を中心とした国内の器や手づくりの雑貨などを取り扱っている。気に入ったものを長く使ってほしいと、日々の生活に取り入れやすい器や雑貨が中心。毎年必ず1回は、作家と直接会って、現地で目利きをしたものを仕入れている。

101717_03.jpg
島根県で作られる「石見焼」。磁器に近い半磁器の土質が、硬く良い器に。
シンプルなものが多く、お求めやすい価格。

UROCO.
黒部市飯沢688
TEL:0765-56-7003
営:11:00~17:00
休:水・木曜、ほか不定休あり
  ※12月30日(月)~1月5日(日)は休業
P:2台

・ ・ ・ ・ ・

富寿し
(とみずし)

101717_04.jpg
旬の味がたっぷりのにぎりのおまかせ「11貫盛り」。
ほか7貫、9貫とあり予算に応じて選べる。もちろん好きなものでにぎってもらうことも可能。

一杯飲んで、〆には寿司を
魚屋さんが営むお寿司屋さん

 表では魚屋を、裏では寿司屋も営業する『富寿し』。魚屋が直接営んでいるので、お手頃な価格で食べられるのが魅力! 三代目が昭和32年に寿司屋を始め、五代目となった今も多くの地元客に愛され続けている。

101717_05.jpg
2年前のリニューアルで改装された店内1階には、カウンターと小さな座敷。
2階は大きな座敷でゆったりと寛げる。

富寿し
黒部市生地経新4392
TEL:0765-56-8066
営:18:00~22:30
休:日曜 ※12月31日(火)~1月4日(土)は休業
P:8台
席:カウンター12席、座敷・小上がり34席

・ ・ ・ ・ ・

泉田醤油店
(いずみたしょうゆてん)

101717_06.jpg
ハナビシの愛称で親しまれる醤油「醤仙」。刺身に合う甘口とマイルドな辛口がある。
サイズも各種揃い、お歳暮やお土産にも人気!

調理には欠かせないいつもの味
伝統を守り長く愛される醤油店

 創業嘉永元年、生地で伝統の味を守り続けている『泉田醤油店』。明治33年に行われたパリ万国博覧会で名誉賞を受賞し、黒部名水ブランドにも認定! やさしい甘さが引き立つ「醤油」を筆頭に、「だしつゆ」や「酢」、「味噌」など、この味でなければ食べられない地元客も多いそう。

101717_07.jpg
260mlのだしつゆと味噌が入ったお土産として人気が高い「手提げセット」。
丈夫で使い勝手がいいと、手提げだけでの購入も多い。

泉田醤油店
黒部市生地698
TEL:0765-56-8005
営:8:30~17:00
休:日曜 ※12月29日(日)~1月5日(日)は休業
P:3台


* * * * *


 黒部市生地エリアには、ほかにも気になるお店から立ち寄りスポットまで、見どころ満載です! 行ってみたい場所がたくさんありますよ♪ 詳しくはTakt1月号『ローカル探検 ぶらり街めぐり』で紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね♡

\書店・コンビニで好評発売中/
101717_08.jpg

その他の暮らし記事