毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 オンライン購入オンライン購入

タクト会員について 読者プレゼントに応募

Follow us インスタグラム フェイスブック ライン ツィッター タクト会員について

毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

インスタグラム フェイスブック ライン ツィッター

おでかけ Leisure

【富山で日帰り旅】「雪の大谷」に魅了される豪雪地帯の5つのスポット~立山黒部アルペンルート~

104963_01.jpg

 立山黒部アルペンルートの初夏にかけての最大の見どころ「雪の大谷」。そり立つ雪壁は世界中の観光客を魅了するほかに類のない景観です。2024年で30周年を迎える「雪の大谷ウォーク」ほか、関連イベントも盛りだくさん。この機会に富山が世界に誇る絶景を間近で楽しみましょう。



・ ・ ・ ・ ・

2024 立山黒部・雪の大谷フェスティバル

開催期間2024年4/15(月)~6/25(火)
104963_02.jpg
世界有数の豪雪地帯である室堂平。最も積雪の多い大谷付近を除雪することで現れる巨大な壁が「雪の大谷」。今年の最高高さは14メートル。道の両側から迫りくる巨大な壁は圧巻。

仰ぎ見る世界有数の絶景に感動
一度は体験したい圧巻の雪の大谷

 立山黒部アルペンルートの道路を除雪した際に現れる世界で類を見ない絶景「雪の大谷」。自然と人との力で生まれる“一生に一度は見てみたい風景”は多くの人を魅了します。
 雪の大谷へはアルペンルートのスタート地点、立山駅からケーブルカーに乗り、美女平でバスに乗り換えて室堂まで向かいます。緑あふれる自然から次第と雪の景色に変わり、目的地に近づくにつれ、道の両サイドをダイナミックに覆う高さ10メートル超えの雪壁に度肝を抜かれるはず。
 室堂ターミナルに着いたら「雪の大谷ウォーク」に繰り出そう。自分の足で歩いてみれば、間近に迫る雪壁の空まで仰ぎ見るほどの高さに圧倒されます。雪の大谷作りには欠かせない除雪車の展示や雪の回廊などほかにも楽しみは盛りだくさん。どれもが忘れられない感動を与えてくれるでしょう。


104963_03.jpg
室堂ターミナル屋上と立山自然保護センターを結ぶ「雪の回廊」。多いときは8メートルを超える雪壁で雪の大谷に負けない迫力を体感できる

104963_04.jpg


2024 立山黒部・雪の大谷フェスティバル
開催期間:2024年4/15(月)~6/25(火)
立山町芦峅寺・大観峰平
問:立山黒部総合案内センター
TEL:076-481-1500
営:雪の大谷ウォーク 9:30~15:00、
除雪車展示コーナー 9:30~15:00 雪の回廊 終日
休:イベントによって異なる
¥:立山駅から室堂までの往復チケット 大人7,390円、小人3,690円


・ ・ ・ ・ ・

みくりが池温泉

104963_06.jpg
「ケーキセット」(900円)。40年以上変わらぬレシピの自家製チーズケーキは酸味と甘みのバランスがよく不動の人気。

雲上の景色を眺めつつ
最高所の温泉を楽しむ

 室堂ターミナルからみくりが池方面へ歩くこと約15分。標高2,410mという日本で一番高い場所にある天然温泉が『みくりが池温泉』です。立山の絶景が眼前に広がる展望風呂の湯は、地獄谷より引いた無加水・無加温。100%かけ流しの乳白色のお湯にゆっくり浸れば散策の疲れも癒されます。施設内には喫茶もあり、雄大な景色の中でブルーベリーソフトやチーズケーキがいただけます。近くでひょっこりライチョウが顔を出すことも。


104963_08.jpg
立山の絶景をほしいままにできる日本一高所にある展望風呂。地獄谷を源泉とする硫黄の香りのうすい乳白色の湯は肌をしっとりとさせ、疲れを芯から癒してくれる。

104963_07.jpg
「ブルーベリーソフトクリーム」(400円)。ブルーベリーペーストはスタッフ手作りで甘すぎずさっぱりした味が好評。

104963_09.jpg


みくりが池温泉
立山町室堂平
TEL:076-463-1441
営:日帰り入浴9:00~16:00、喫茶みくり8:30~16:30
※営業期間 4/15(月)~ 11/30(土)
休:6/17(月)~6/28(金)
¥:入浴 大人1,000円、小人(6~12歳)800円
HP:www.mikuri.com、Instagram:@mikurigaike_onsen


・ ・ ・ ・ ・

室堂ターミナル

104963_10.jpg
「CHABACCO(ちゃばこ)」(富山ハトムギ茶、岐阜緑茶各700円)。

標高2,450mに位置する駅で
おみやげやグルメを満喫

 「雪の大谷」への出入り口がある『室堂ターミナル』は、アルペンルートで最大規模の売店とレストランやティーラウンジなどの商業施設があり、つねに観光客で賑わっています。売店で購入できるおみやげは、雷鳥をモチーフにしたお菓子や手ぬぐい、ピンバッジ、たばこ風パッケージのお茶など、立山ならではの多彩なおみやげが手に入ります。

104963_12.jpg
「雪の大谷チュロス」(700円)


室堂ターミナル
立山町芦峅寺室堂
TEL:2076-463-3345(ホテル立山)
営:立山トンネルトロリーバス・立山高原バスの始発~終発
休:4/15(月)~11/29(金)

・ ・ ・ ・ ・

おにぎりの志鷹

104963_11.jpg
手作りの「おにぎり」(400円2個入り)。山の強い日差しにもやられないようにと具材は梅干と昆布とシンプル。塩加減が絶妙で握り方も味もまさにいい塩梅の一言に尽きる。

作りたてのおにぎりは
山の最高のパートナー

 立山町や富山市産のコシヒカリをふっくら炊き上げ、手でやさしく絶妙な塩加減で握られた『志鷹』のおにぎり。作りたてはふわふわとしているが、登山者のために考えられたというそれは、山の上に着いたころちょうど海苔とごはんが馴染んでいい塩梅になります。素朴な味わいにファンが多く、早い時間に売り切れることがあるので予約が確実。


おにぎりの志鷹
立山町千寿ケ原29
TEL:076-482-1511
営:7:00~14:30 ※なくなり次第終了
休:不定休
席:カウンター3席、テーブル16席

・ ・ ・ ・ ・

LOCOMOTION COFFEE AND BED

(ロコモーション コーヒーアンドベッド)
104963_13.jpg
「スパイスカレー」(小鉢、スープ、フリードリンクセットで1,320円)は、見た目以上のボリュームで、レモンを絞って味の変化も楽しめる。

山麓のカフェで感じる
日常のなかにある非日常

 立山駅前でひときわ目をひくスタイリッシュなカフェ。ここでは鶏骨付き肉をじっくりと煮込んだスパイスカレーや軽食としても楽しめるパウンドケーキなど、丁寧に手作りされたフードやスイーツが味わえます。天気のいい日はぜひテラスへ。山麓を渡る心地よい風を感じながら過ごす時間はちょっとした非日常感をもたらしてくれます。ゲストハウスや観光案内所も併設し、立山の観光ベースとして頼もしい存在です。


104963_15.jpg
小腹が空いたときにおすすめなのが「パウンドケーキ」(550円)。バナナや抹茶など、味は日によって変わる。

104963_14.jpg
落ち着いたダークブラウンの外壁にウッディなテラス。廃旅館をリノベーションした建屋はスタイリッシュに生まれ変わり、いつもよりちょっと特別な時間を過ごせそう。

104963_16.jpg


LOCOMOTION COFFEE AND BED
立山町芦峅寺字ブナ坂42
TEL:076-456-4680
営:7:00~16:00
休:12/1~4/14
席:テーブル26席、テラス13席
Instagram:@locomotion_cab


* * * * *

イベント情報やおでかけ情報も充実! おでかけはTakt6月号をチェック。

▼さらにおすすめの記事


書店・コンビニで好評発売中


104920_02.jpg

その他のおでかけ記事