毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 オンライン購入オンライン購入

タクト会員について 読者プレゼントに応募

Follow us インスタグラム フェイスブック ライン ツィッター タクト会員について

毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

インスタグラム フェイスブック ライン ツィッター

おでかけ Leisure

【2022最新】富山から行く美食を味わう温泉宿5選【北陸・中部の温泉宿】

 温泉旅行に欠かせないこだわりのグルメ。今回は石川県、長野県、岐阜県、新潟県にある美食が味わえる温泉宿を5つご紹介します!食事を目的に訪れたくなる宿で、夕食・朝食それぞれのおすすめを紹介します。

●目次●





・ ・ ・ ・ ・

1.八ツ三館

103919_01.jpg
食事は個室でプライベートな時間を。夕食時には飛騨で育てられた飛騨牛やとらふぐ、清流でとれた川魚などが食膳に上る。


地味豊かな郷土の恵みを
文化財の宿で味わう

高山の奥座敷と称される飛騨古川で、160年もの時を刻んできた老舗旅館。『八ツ三館』という屋号は、創業者・三五郎の出身地である越中八尾の「八」と名前の「三」に由来するという。明治から昭和まで、時代ごとに贅を尽くして建てられた木造建築は、国登録有形文化財にも指定されている。

思わず息を呑むほど見事な空間はもちろん、代々受け継がれてきた料理にも定評がある。月替わりの会席は、郷土が誇る食材をメインに構成。9月中旬以降に登場するのが子持ち鮎。プチプチとはじける卵の食感は秋だけのお楽しみだ。朝は炊きたての飛騨産コシヒカリとともに、古くから伝わる朴葉味噌焼きやこも豆腐などをほっこりと味わえる。

滋味深い山川の幸と郷土料理で心を癒し、明日への活力を養いたい。

103919_02.jpg
透けるような白身と甘みが特徴の飛騨とらふぐはお造りで。飛騨の地酒にもよく合う。


103919_03.jpg
季節を意識した盛り付けの八寸。これから運ばれてくる料理への期待が高まる。 


103919_04.jpg料理に彩りを添えるのは地元野菜。農家から直接仕入れたものや、自家栽培で育てたものを使う。


103919_05.jpg飛騨牛は飛騨古川で育てられたものにこだわって提供。この日は刻んだアスパラガスを味と香りのアクセントに。


103919_07.jpg昭和初期の数奇屋をリニューアルし、モダンな露天付和洋室へと生まれ変わった特別室「光月楼 池月」。


103919_06.jpg野趣あふれる露天風呂は開放感抜群。神岡の流葉温泉から運ばれてくる温泉は、トロリとした湯触りが心地良い。

室数/ 18室
チェックイン&アウト/ IN15:00、OUT10:00
※スイートルームはIN14:00、OUT11:00
泉質/弱アルカリ性単純泉
日帰り入浴/あり
食事/個室食事処
露天風呂付き客室/あり

八ツ三館
岐阜県飛騨市古川町向町1-8-27
TEL:0577-73-2121
休:無休
P:あり

・ ・ ・ ・ ・

2.花紫

103919_08.jpg
当日、チェックイン後に部屋で献立表を見ながら、自由に食べたい料理を選ぶ。これを楽しみに訪れるお客さんも多い。

自由に組み合わせる
アラカルト懐石を満喫

松尾芭蕉も愛したとされる山中温泉で、創業120年を誇る老舗旅館『花紫』。今年7月にロビーフロアをリニューアルし、茶房やアートギャラリーを新設するなど新しく生まれ変わった。

この宿の代名詞でもあるのが、約50種類の季節の料理から好きなものだけを選べる「アラカルト懐石」。魚料理が好きな人、少しずつ色々な料理を試したい人、メインを豪華にしたい人、それぞれが好みや気分に合わせてオーダーメイド感覚で楽しめる。心ゆくまで選ぶ贅沢を味わおう。

さらに客室や露天風呂からは、美しい鶴仙渓を間近に望むことができるのも魅力。老舗の風格と斬新なスタイルを併せ持った、何度も訪れたくなる名宿だ。

103919_09.jpg秋のメニューの一例。毎月変わる四季折々のメニューは、ど 4 3れも地元の食材を生かした心満たされる料理。


103919_10.jpg「日本の文化サロン」をコンセプトにリニューアル。新設した茶房では、加賀市打越地区で作られた煎茶や、オリジナルブレンドティーなどいただける。


103919_12.jpg
風情ある日本の建築美を生かした客室。外の景色は、紅葉の季節にはまた違った美しさを見せてくれる。


103919_11.jpg花紫の最上階である7階に位置する「ひらひら」では、北陸随一の渓谷美を誇る鶴仙渓を見渡すことができる。


1泊2食付き(2名1室の場合)
1人平日36,000円~、休前日40,000円~
室数/ 27室
チェックイン&アウト/ IN14:00、OUT11:00
泉質/カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
日帰り入浴/なし
食事/ダイニングまたは部屋食
露天風呂付き客室/あり

花紫
石川県加賀市山中温泉山中温泉東町1-ホ17-1
TEL:0761-78-0077
休:不定休
P:あり

・ ・ ・ ・ ・

3.民藝のお宿 すぎもと

103919_13.jpg
信州名物「馬刺しのたたき」は『すぎもと』を象徴する料理の一つ。辛味噌を巻いて一枚、ワサビを巻いて醤油で一枚と、それぞれの風味を変えて味わいたい。


信州の誇る、肉・魚・野菜
素材そのものを味わう肴の数々

松本市中心部から車で15分。江戸時代から子宝祈願の湯としても知られる美ヶ原温泉の地に、宿を構える『すぎもと』。足を踏み入れると、松本民芸家具やシャンデリアに囲まれた趣あるロビーが出迎える。

まずひと風呂浴びれば、そろそろ夕食の時間。饗されるのは、信州のジビエや牛肉、野菜などを使った地元愛に満ちた料理の数々だ。「余計なものを加えない」という主人の言葉通り、素材の魅力を引き出した、美しい一品が運ばれてくる。ワインや日本酒を傍らにじっくり堪能したい。

日によっては、主人渾身の「十割そば」を食事の〆にいただける。この格別な香りのそばも宿の名物になっている。

103919_14.jpg
「信州牛の石火焼」は熱々の石と炎でじっくり火を通すのが『すぎもと』流。おろし醤油につけて素材の味を噛みしめよう。


103919_15.jpg
主人による打ちたての「十割そば」。まずは何もつけずに香りを楽しもう。 


103919_16.jpgお酒好きなら食後は「バーひびき」でしっとりと一杯。主人が厳選したウイスキー、アイラモルト、ワイン、シャンパーニュと、厳選したオーディオが特別なひとときを演出。


103919_17.jpg
お風呂は内湯と露天が男女一つずつ。ここでも趣のある造りが旅の風情を高めてくれる。

1泊2食付き(2名1室の場合) 1人平日16,500円~
室数/全17室
チェックイン&アウト/ IN15:00、OUT10:00
泉質/アルカリ性単純温泉 
日帰り入浴/なし
食事/食事処
露天風呂付き客室/なし

すぎもと
長野県松本市里山辺451-7
TEL:0263-32-3379
休:不定休
P:あり

・ ・ ・ ・ ・

4.里山十帖

103919_18.jpg

地元の恵みを誠実に使った
元気がみなぎる朝ごはん

人里を離れ、自然に囲まれた里山に佇む『里山十帖』。体験と発見こそが、真の贅沢だと考え、滞在中に何か一つでもインスピレーションを感じてほしいと、家具や風呂、部屋の調度品にまで妥協はない。

宿の想いは食事にも表れ、素材の味を引き出すことを心掛けてタレまで丁寧に手作りし、化学調味料は使用しない。リニューアルした朝食も南魚沼の恵みがたっぷりで、新潟の郷土料理や自家製漬け物など、素朴ながらも口にすると力強いおかずが並ぶ。

土鍋のごはんや味噌汁も最高のご馳走。チェックインから朝食まで、新たな発見を楽しみながら暮らすように滞在する湯宿は、また訪れたくなる魅力に満ちている。

103919_19.jpg
メギスの出汁が張られた土鍋で根菜や油揚げなどの具材を煮込み、最後に田舎味噌の量を好みで溶いて仕上げていくのも楽しい体験。 

103919_20.jpg
大沢山産のコシヒカリを湧き水で、テーブルごとに土鍋で炊き上げる。甘い香りが立ちあがると、ひときわおいしいお米が待っている。おにぎりにしてもおいしい。

103919_22.jpg
13室のスタイルは多彩で、畳のツイン・トリプルや、大きいデスクを備えたツイン、ファミリータイプまで、それぞれが持つ部屋の個性も魅力。 


103919_21.jpg標高2000メートル前後の上信越国境の山々を望む露天風呂「天の川」。朝焼け、夕暮れ、そして真夜中と、時間で表情を変える美しい自然に言葉を失う。

1人1泊2食付き(2名1室の場合) 平日29,260円~ ※入湯税別
室数/ 13室
チェックイン&アウト/ IN15:00、OUT11:00
泉質/ナトリウム―塩化物・炭酸水素塩泉
日帰り入浴/なし
食事/レストラン
露天風呂付き客室/あり

里山十帖
新潟県南魚沼市大沢1209-6
TEL:0570-001-810
休:不定休
P:あり

・ ・ ・ ・ ・

5.吉祥やまなか

103919_23.jpg
ラクレットチーズを上からかけるオムレツや加賀野菜のサラダ、フレンチトーストかヨーグルトのデザートも付く「TEPPANブレックファスト」。

伝統工芸が息づく空間で、
上質なおもてなしを楽しむ

鶴仙渓の美を目の前に望み、豊かな自然に囲まれた『吉祥やまなか』。加賀の伝統工芸を随所にちりばめた特別な空間では、到着後の加賀パンケーキや選べるピローなど、多彩なおもてなしで心地よい滞在をもたらしてくれる。

渓流側客室に宿泊すると、朝食を和食か洋食から選べるのもうれしいサービス。鉄板焼「青竹」でいただく洋食の朝食は、シェフが目の前で腕を振るうチーズオムレツに歓声が上がり、サラダやスープにも旬野菜をたっぷり使う。

ライブ感あふれる朝食のあとはロビーに移動し、九谷焼のカップでドリンクを。滞在中楽しみは尽きることなく、また来たくなる、細やかなおもてなしに満ちている。

103919_24.jpg「べにはな」の和朝食は、木箱を開けるワクワク感も魅力。お造りや出汁巻き玉子、温かい肉や魚料理が二段にバランスよく詰まっている。 


103919_25.jpg
夕食後はロビーで「お休み前のスイーツ」のサービスも。地元の『平松牧場』とコラボした「KAGAプリン」は、新鮮な牛乳で口どけなめらか。 


103919_27.jpg


103919_26.jpg
pHの高いお湯はまろやかで美肌効果が期待できる。大聖寺川にせり出すような露天風呂から、渓谷と一体化するような感覚を肌で感じたい。 

1泊2食付き(2名1室の場合)渓流側客室
1人平日22,500円~、休前日28,100円~
室数/全44室
チェックイン&アウト/ IN14:00、OUT11:00
泉質/カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(低張性・弱アルカリ
性・高温泉)
日帰り入浴/なし
食事/レストラン 
露天風呂付き客室/あり

吉祥やまなか
石川県加賀市山中温泉東町1-ホ14-3
TEL:0761-78-5656
休:無休
P:あり

・ ・ ・ ・ ・

今回は発売中のTakt10月号の第一特集『心うるおう温泉宿へ』より、美味を味わう宿をご紹介しました!
Takt10月号ではほかにもまだまだ沢山の温泉宿が掲載されています。さらに今月号は温泉宿宿泊券チケットが当たるチャンスも!まだチェックしていない方は是非お近くの書店やコンビニに足を運んでください♪


103919_28.jpg

その他のおでかけ記事