毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 capの本capの本 TaktバックナンバーTaktバックナンバー

タクト会員について 読者プレゼントに応募

インスタグラム フェイスブック
Follow us インスタグラム フェイスブック タクト会員について

レジャー Leisure

【富山の銭湯】昔ながらのお風呂屋さん巡り vol.2~憩の湯~

102261_02.jpg
 昭和46年創業の『なかや旅館』に併設されている『憩の湯』は、昔ながらの雰囲気が感じられる銭湯。屋根付きの風情ある木の橋を渡って入るなど、昭和にタイムスリップしたかのよう。宿泊施設もあり、地元の人たちに愛されるお風呂屋さんとして、名前の通り”憩いのスペース”になっています!

・ ・ ・ ・ ・

なかや旅館
憩の湯

▼木の橋
102261_03.jpg
銭湯への入り口は、創業時からある木の橋を渡っていきます。
夜は灯りがつくそうで、また違う雰囲気が楽しめそう。

▼入り口②
102261_04.jpg
実は銭湯への入り口はもう1つあり、地下の駐車場から入ることもできます!

▼番台
102261_05.jpg
番台では貸タオルサービスがあり、気軽に来れるのもうれしいところ。

▼ロビー
102261_06.jpg
熱中症対策でお水やお茶のセルフサービスも。
各種ドリンクやアイスの販売もあります。

▼洗い場
102261_07.jpg
洗い場のシャワーは2種類あり、こちらはワンタッチタイプ。

102261_08.jpg
通常よく見るのが、右にあるハンドタイプだそう。
シャンプーリンスやボディソープなども用意されており、まさに手ぶらOK♪

▼ジェットバス
102261_09.jpg
浴室はジェットバスで、浅めと深めで分かれています。
この周辺は昔から地下水が豊富に出る場所で、井戸の湧き水を使ったお湯は身体の芯から温まり、湯冷めしにくいと評判です。

102261_10.jpg
高岡市民の方は毎月6のつく日がサービスデーで、お得に入浴することができますよ!

102261_11.jpg
お風呂と旅館がセットになった『なかや旅館』。
本館と新館に分かれており、昔からの雰囲気は残しつつも利用しやすいようにされています。

102261_12.jpg
銭湯の割合が全国で一番多い、富山県。
お風呂好きが多い富山ならではのお風呂屋さん巡りをしませんか。

\高岡の銭湯&旅館/
なかや旅館
憩の湯
高岡市永楽町2-10
0766-22-2768
営/13:30~21:00
休/火曜
料/大人440円、中人140円、小人(6歳以下)60円
  ※宿泊の方は無料
P/あり

* * * * *

 いかがでしたか? 日刊オンラインタクトでは、富山県の気になる施設やレジャースポットをお届けしています。ぜひチェックしてみてくださいね!


その他のレジャー記事