毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 TaktバックナンバーTaktバックナンバー

タクト会員について

インスタグラム フェイスブック
Follow us インスタグラム フェイスブック タクト会員について

レジャー Leisure

どこまで行こうかな? 第2弾 GWを思う存分楽しめるイベント特集 

 今年は振替休日を入れるとなんと10連休Takt5月号では『10連休!? ドコイク? ナニスル? GW特集』にて、晴れた日も、雨の日もGWを楽しめるイベントや企画展などの情報を集めました! 今回は、特集から4件をピックアップ♪

・ ・ ・ ・ ・

南砺市立 福光美術館
(ふくみつびじゅつかん)
101345_04.jpg
写真は畑野昭子先生の作品「Color Box#13」

美を綴るArt Quilt展2019
-日本のトップキルターと北陸のキルトリーダーたち-
 布による芸術表現として、世界に数多くの愛好家がいるキルト。福光美術館では、5度目の開催となるキルト展。優れた技術、表現が海外でも高い評価を受けている日本人キルターによる作品の数々を存分に楽しんでほしい。さらには、記念講演やワークショップ、ミニコンサート、グループ展など、関連行事も盛りだくさん。詳しくは福光美術館のHPをチェック!

|おすすめ!|日本を代表するトップキルターの作品の数々
 今回で5回目となるArt Q uilt展では、日本を代表するトップキルター6名と、北陸で活躍する25名の作品に児童館アルカスの子どもたちが制作した1点を加えた全45点を一堂に展示。布による芸術表現としてのキルトの魅力を楽しんで。

南砺市立福光美術館
南砺市法林寺2010
TEL:0763-52-7576
営:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休:会期中無休
P:あり
¥:一般800円、高校・大学生500円、中学生以下無料(常設展観覧料を含む)

・ ・ ・ ・ ・

富山県中央植物園
(とやましちゅうおうしょくぶつえん)
101345_05.jpg
4月20日頃には様々な色や形のサトザクラが咲く。

春の植物園で
いろいろなサクラを楽しもう!
 『富山県中央植物園』は約4,900種類の植物を収集・展示する日本有数の植物園。園内には120種類を超えるサクラがあり、3月中旬から5月初めまでさまざまなサクラを楽しめる。4月20日頃からは黄色や緑のサクラや八重などさまざまなサトザクラを楽しめる。4月下旬からは中国雲南のハンカチノキやボタンなどが見頃となる。

101345_06.jpg
|おすすめ!|G.W.はシャクナゲとランの展示会
 4月27日~29日は「ツツジ・シャクナゲ展」。日本ツツジ・シャクナゲ協会富山県支部と共催で、赤や黄色の華やかなシャクナゲがホールいっぱいに展示。5月3日~5日は「春のラン展」。富山県蘭協会会員が育てたエビネやシュンラン、春咲きの洋ランを楽しめる。


富山県中央植物園 
富山市婦中町上轡田42
TEL:076-466-4187
営:9:00~17:00
休:木曜(4月第1・2、GW中は開園)
P:332台
¥:大人500円、高校生以下及び70歳以上無料

・ ・ ・ ・ ・

富山市ファミリーパーク
(とやましファミリーパーク)
101345_07.jpg
(左)動物へのエサやり体験(土・日曜、祝日開催)。(右)この春から展示のニホンライチョウ。

この春よりニホンライチョウの展示開始!
 この春より国の特別天然記念物である二ホンライチョウの展示開始! 5月12日(日)まで土・日曜、祝日には特別ガイドも実施している。「こども動物園」ではヤギやモルモットにふれあえたり、無料エリアではBBQや乗馬ができるほか、ボートや遊園地、木製遊具もあり子どもたちも1日中思いっきり遊べる。動物たちの食事の様子を楽しめる「ごっくんタイム」も人気。

101345_08.jpg
|おすすめ!|開園記念日は入園料が無料!
 4月28日(日)はファミリーパークの開園記念日で、入園料が無料! 里ノ助が1日園長としてお出迎え! また、毎年恒例のヒツジの毛刈りも開催。詳細はHPでチェック!


富山市ファミリーパーク 
富山市古沢254
TEL:076-434-1234
営:9:00~16:30(入園は16:00まで)
休:12月28日~1月4日、3月1日~3月14日
P:1,100台
¥:大人500円、小人(中学生以下)無料

・ ・ ・ ・ ・

富山県 立山カルデラ砂防博物館
(たてやまかるでらさぼうはくぶつかん)
101345_02.jpg
歩こう常願寺川・立体メガネをかけて、常願寺川の上を歩いてみよう。

立山と立山カルデラ
大地と人のドラマにせまる
 立山の自然と人との関わりをテーマとした博物館。立山の地形地質、気象、雪氷(氷河)、動植物等をジオラマや映像などで展示。また、立山カルデラで発生した土砂災害と砂防について詳しく紹介している。4月13日(土)~7月7日(日)に開催する特別展「立山へ行こう-立山黒部ジオパークの魅力-」では、立山や立山カルデラの特異な自然について、上昇する山、氷の山、火の山、水の山の観点からフィールドを訪ねる感覚で紹介。

101345_03.jpg
|おすすめ!|日本初! 氷河の氷の常設展示!!
 立山連峰の氷河と万年雪について詳しく解説。氷河の実物を間近に見ることができ、氷河をより深く理解できるチャンス!


富山県 立山カルデラ砂防博物館 
立山町芦峅寺字ブナ坂68
TEL:076-481-1160
営:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休:月曜(祝日を除く)、祝日の翌日(土・日曜を除く)
P:17台
¥:一般400円
※大学生以下・70歳以上は無料


* * * * *

 Takt5月号は、他にもGWのおでかけ情報やランチ情報が満載! さらにお得に施設を利用できるクーポン券もプレゼントしています。ぜひお手に取ってチェックしてください。

\書店・コンビニで好評発売中/
101345_09.jpg


その他のレジャー記事