毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 TaktバックナンバーTaktバックナンバー

タクト会員について

インスタグラム フェイスブック
Follow us インスタグラム フェイスブック タクト会員について

暮らし Life

おいしい食材にこだわってます! ちょっと個性的な食料品店

 富山は、豊かな自然が育んだおいしい鮮魚やお肉、野菜や果物がいっぱい。そんな食材をこだわりをもって販売しているちょっと個性的なお店を3店ご紹介。今夜のおかずはどこで?


・ ・ ・ ・ ・

原信 黒部店

101387_02.jpg


広域展開を活かした豊富な商品が魅力
新潟の地元で人気の味も

 新潟を中心に、長野や富山にも展開している『原信』。県内には黒部店と魚津店があり、オープンしてから約20年、2014年に改装した黒部店が、売り場面積約650坪と県内では一番大きな店舗となる。広いエリアに展開しているメリットを活かし、商品の種類がとても豊富なのが特徴で、関西エリアの商品が入荷する富山ではなかなか手に入らない、関東エリアの商品や新潟の地元で人気の商品も手に入る。こちらは、カートに直接商品を入れるスタイルなこともあり通路の幅がとても広く、レジでは会計とともに商品の袋詰めもしてくれる(マイバッグ持参で2円割引)。毎週木曜は、65歳以上の方に割引(その場で入会可能な会員登録が必要)のサービスもある。店内には、約50~60種類のパンが並ぶベーカリーを併設。パンは店内で焼いており、人気のホテルブレッドから、まめパンなどのおやつパン、お惣菜パンやピザなどを目当てに訪れ、カフェスペースでくつろぐお客さまも多い。


101387_03.jpg
甘く煮たクルミが入っている新潟のソウルフード的な味「くるみ太巻き」(358円)は、食感が楽しい。

原信 黒部店
黒部市荻生7686
TEL:0765-54-5111
営:9:00~22:00
休:無休
P:430台
※魚津店(魚津市江口39)もあり


・ ・ ・ ・ ・

餃子のまーちゃん アジアン物産松屋

101387_04.jpg


中国、ベトナム、フィリピン…
アジアの現地食材とおいしい餃子のお店

 昨年移転オープンした手作り餃子が評判の『餃子のまーちゃん』。キャベツ、ニラなど県産を中心とした国産野菜と、厳選した県内産の豚肉を使った餃子などがいただける。焼き餃子・水餃子・ワンタンそれぞれに別の皮とタネを使うこだわりようで、オリジナルのつけダレや風味アップの中国黒酢&花椒油など本場の味も味わえる。カウンターも小上がり席もある広い店内でいただくのはもちろん、持ち帰り用もありパーティや宴会に買い求める人も多い。そんなお店の中にあるアジアン食材店には、中国、ベトナム、タイ、韓国、インドネシア、フィリピンでよく食べられている調味料や食材が揃っており、それぞれの国の人には懐かしい母国の味として、日本人にとっては本場の味を再現するのに欠かせないような、ちょっと手に入らない食材が揃っている。


101387_05.jpg
「まーちゃん餃子」(6個350円、10個570円、15個850円、20個1,060円/各税込)しっかり味がついているので、そのままでビールやご飯と一緒に食べるもよし、特製つけダレや中国黒酢&花椒油で違う風味を味わうのもよし。

餃子のまーちゃん アジアン物産松屋 
富山市婦中町西本郷72-1
TEL:076-456-3119
営:10:30~19:30
 ※飲食は11:00~15:00(5月中旬から夜営業予定 17:00~21:00)
休:火・水曜
P:6台
席:カウンター10席、テーブル8席、小上がり18席


・ ・ ・ ・ ・

フレッシュ佐武

101387_06.jpg


創業当時から変わらぬ
"安全な食”へのこだわりをスタッフ一丸となって

 昭和31年の創業当時から“食の安全”にこだわる『フレッシュ佐武』。昨年リニューアルし、おしゃれな外観に変わったがその精神は変わらない。CMでみかけるような商品はほとんどなく、素性の確かな安全な原材料を使い、品質を重視した製法の生産者などでつくる「良い食品づくりの会」(北陸唯一の取扱い)の商品などこだわりの商品ばかり。また、野菜や果物などもスタッフが産地の生産者と直接会って納得したものを仕入れるものが多く、仕入れと売り場の垣根ががないのでスタッフの商品知識がとても豊富。さらに特筆すべきは鮮魚。ほぼ毎日、氷見や新湊の市場で仕入れてくるのだが、“地物のいい魚”を市場でなるべく安く競り落とす工夫をしているので、一度食べてみれば「こんなにいい魚がこの値段で」と誰もが驚くはず。さらに、それらの鮮魚を、銘酒・勝駒を主とした県内酒蔵の酒粕と味噌を使い試行錯誤の末に完成した「粕漬け」や、店内の専用機で「ソフトひもの」にするなどのこだわりよう。ほかにも、日本の食文化を大切にしたいと社長が毎朝ついているお餅と厳選した日本酒、A5ランク氷見牛を扱う精肉コーナーなどなど、店内にある商品すべてに物語があるお店。


101387_07.jpg
社長自ら毎日つくっている「自家製おもち」。あんこよもぎ餅、和三盆入りきな粉餅、黒ごま餅などがある。

フレッシュ佐武
高岡市昭和町2-1-10
TEL:0766-21-2652
営:9:00~19:30
休:無休 (元日、1月2日のみ休み)
P:78台


* * * * *

 いかがでしたか? 月刊Takt6月号『ちょっと個性的な食料品店』の特集では、鮮魚・お肉・野菜・果物などおいしいこだわり食材を扱っているお店を、さらにご紹介しています。今夜のご飯を迷っている方は、ぜひお手に取ってみてください♪

101387_08.jpg


その他の暮らし記事