毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 capの本capの本 TaktバックナンバーTaktバックナンバー

タクト会員について 読者プレゼントに応募

インスタグラム フェイスブック
Follow us インスタグラム フェイスブック タクト会員について

お仕事 Work

株式会社若林商店

紙・紙製品の販売事業、不動産賃貸事業

存在意義を追求する紙のプロフェッショナル

Top Message

102800_05.jpg

 若林商店は、明治6年の創業から140年以上にわたり、紙の卸売業を営んでいます。私たちは、多品種の製品の中から、お客様の要望に合ったものをスピーディーに届けることをモットーとしています。射水市にある物流センターでは約10,000種類のアイテムを揃え、多いもので数10トン、少ないもので1枚数gという商品を、注文数に関わらず、できる限り早く届けることを心がけています。

 今は、時代の変化によって扱う商品も変わり、ネット社会の発達により紙の需要は縮小しています。そんな中でも業界として努力を重ねながら、紙のスペシャリストとして、最後まで生き残る1社でありたいと考えています。

 私は創業から数え7代目。お客様からの信用が第一と考え、日々「誠心誠意」の思いを胸に行動しています。そして、企業としては社会的な存在意義をもち、お客様にとって役立つ会社であり続けるために、地域社会への貢献も必要だと考えています。

 私は、12年間サラリーマンとして働きました。「納得できない仕事はやりたくない」と感じた自身の経験から、社員にも納得して仕事をしてほしいと思っています。そして、仕事をする上で「社員が幸せ」であってほしいと願っています。

代表取締役社長  若林 啓介

Work

顧客満足度の向上を図り地球環境を守るために
102800_07.jpg

 若林商店は昭和23年の法人設立を経て、148年という長きにわたり紙の卸売業を富山で展開する。洋紙・板紙・和紙・紙製品・包装材料・コピー用紙・感熱紙・化成品など、紙の種類は実に多い。若林商店では、医薬品などの包装箱に使用する厚い紙をはじめ、情報・印刷用紙、包装用紙、ティッシュペーパーなどの家庭用紙など、用途、大きさ、厚み、色、形、材質などありとあらゆる紙を扱う。(新聞用紙、段ボール原紙を除く)自動ラック倉庫を導入した物流センターでは、実に10000種類以上の製品を管理する。

 また、品質や環境への取り組みとして、顧客の満足度向上を図るため、品質マネジメントシステム「ISO9001」認証を、さらに地球環境保全を追求するため、環境マネジメントシステム「ISO14001」認証を取得。方針を会社全体で共有し、同じ目標に向かって取り組んでいる。さらに、“紙”をあつかう企業として自然環境維持への思いは強く、「FSC(森林管理協議会)森林認証」を取得。適切に管理された森林から切り出された木材を使って製品がつくられていることを示すFSC認証は違法伐採などで減りつつある森林を保ち、地球環境を守る活動だ。企業として、これら社会での存在意義を常に意識しながら、さらなる成長を目指している。

有給休暇制度も充実し社員の定着率が高い
102800_09.jpg

 若林商店は社員の定着率が高く、社員は「アットホームな会社」と口を揃える。「何でもチャレンジしたい」「失敗しても、上司からは注意だけで怒られることはない」と話す社員に対し、物流センター長は、「危険でさえなければ、みんなが思うように挑戦し成長してほしい」と言う。“人を育てる”社風があるのだ。

 2年に1度行われる「紙の営業士」の資格試験がある。紙の基礎知識に加え、顧客ニーズを捉え企画提案できる専門知識をもつ営業パーソンの育成が狙いで、社内では社長を筆頭に5人が取得。合格者には会社から紅白のワインが贈られる。社長の粋な計らいだ。

 会社の全額支援企画として、夏のビアパーティーと忘年会を開催しており、帰宅時のタクシーチケットを支給するなど、社員が参加し交流を図りやすいように配慮している。

 有給休暇制度も充実。入社後すぐに10日間の有給休暇が与えられるほか、5年間分の有給休暇積み立て制度がある。ある男性社員が、病気の子供の世話で長期の休みを希望した際に導入されたもので、制度を利用すれば最長約3ヵ月の有給休暇取得が可能になる。これらの休暇制度の充実も社員の心に余裕を生み、働く力になるのだろう。

今を駆けるあの人を知りたい!

102800_11.jpg

江尻 俊哉さん

入社
2010年
所属部署
営業部

提案が形になる喜びにさらなるスキルアップを

 印刷会社様や文具類を取り扱うお客様への営業をメインに、問い合わせへの対応はもちろん、新しい商品の提案を行っています。紙といっても多種多様な製品があります。何がお客様にとってベストな選択になるのかを常に考え、それぞれの特徴を理解し、提案できるよう心掛けています。お客様から「相談してよかった」と感謝していただけること、喜んでいただけた瞬間が一番やりがいを感じます。今はさらなる提案が出来るよう「紙の営業士」の資格取得に向けて、勉強を続けています。会社全体として、コミュニケーションも取りやすく、資格取得といった自分自身の可能性を伸ばせる環境が整っているのもうれしいですね。より専門的な知識を身に付け、さまざまな仕事にチャレンジできるよう努力を重ねていこうと思います。

Corporate Profile

Company Policy

102800_12.jpg
  1. 紙を多品種揃えスピーディーに配達
  2. お客様の信用を第一に、精神誠意
  3. 社員が幸せを感じる会社でありたい

Corporate Data

会社名
株式会社若林商店
会社創業
1873年3月
代表取締役社長
若林 啓介
資本金
3,000万円
従業員数
28人
関連会社
第一共同印刷(株)、スダコー(株)
本社
〒930-0048 富山市白銀町2-5
URL
http://kamiwaka.co.jp/
事業登録
紙・紙製品の販売事業、不動産賃貸事業
TEL
076-423-1148
FAX
076-424-0909
お問い合わせ・企業HPはこちら

その他のお仕事記事