毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 TaktバックナンバーTaktバックナンバー

タクト会員について

インスタグラム フェイスブック
Follow us インスタグラム フェイスブック タクト会員について

イベント Event

「水平線を見て育った者は、真直ぐ前を見て行くのだ。」 芥川賞作家・堀田善衞の生誕100年記念特別展が開催中

 高岡市伏木の廻船問屋に生まれた芥川賞作家、堀田善衞。現在、高志の国文学館では堀田の生誕100年を記念した企画展『生誕100年記念特別展 堀田善衞-世界の水平線を見つめて』を開催中。「スタジオジブリ」の宮崎駿監督をはじめ、多くの創作者たちが影響を受けた堀田善衞の生きた時代、そして文学者としての仕事を、彼自身が撮影した世界各地の写真とともに紹介する。

101074_02.jpg

 上京して二・二六事件、東京大空襲に遭遇し、終戦前後の混乱期を上海で過ごした堀田氏。帰国後は乱世を生きる人間像を描き続けた。本展では作家たちが堀田善衞について語るインタビュー映像が上映されるほか、「スタジオジブリ」の宮崎吾朗監督が描いた「路上の人」のイメージボードや絵コンテなどを紹介する特設コーナーも設置される。11月28日(水)からは展示作品、資料が更新されるので、一度足を運んだ人でも楽しむことができる展示内容となっている。
 会期は12月17日(月)まで。期間中は毎日先着200名に宮崎駿オリジナルポストカードプレゼントも行っている。参加無料となっている関連イベントの詳細など、詳しくはこちらのホームページをチェック!


・・・関連イベント・・・

記念講演
「堀田善衞をはじめて読むあなたへ」
11月17日(土)
14:00~15:30
※申込受付は終了しました。

(県民カレッジ連携講座)
文学講座と記念対談
「堀田善衞と上海」
11月25日(日)
14:00~16:00
※申込必要

特別上映会
「風の谷のナウシカ」
11月18日(日)
14:00~16:00
※申込は不要

「潮に流されて自分の位置が判らなくなった時、ぼくは何度も堀田さんにたすけられた」と話した宮崎駿監督。堀田善衞のことばは、今を生き抜くわたしたちにも道を指し示してくれるのかもしれない。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



生誕100年記念特別展
堀田善衞-世界の水平線を見つめて
―――――――――――――――――――――
会:高志の国文学館
  (富山市舟橋南町2-22)
―――――――――――――――――――――
開:10月17日(水)~12月17日(月)
  9:30~18:00(観覧受付は17:30まで)
―――――――――――――――――――――
休:火曜、11月26日(月)
―――――――――――――――――――――
¥:一般500、大学生250、高校生以下無料
―――――――――――――――――――――
問:高志の国文学館(076-431-5492)


その他のイベント記事