毎日更新!富山県のおすすめグルメ、楽しいイベント情報が満載。日刊オンラインタクト

読者プレゼントに応募 TaktバックナンバーTaktバックナンバー

タクト会員について

インスタグラム フェイスブック
Follow us インスタグラム フェイスブック タクト会員について

イベント Event

素材の魅力に触れる 自分だけの食卓道具が作れるものづくり体験

 工芸・クラフトなどの手仕事で、素材の魅力に触れることができるものづくり体験『素のものワークショップ-手仕事のある食卓-』9月22日(土)、23日(日)高岡市デザイン・工芸デザインセンターで開催。銅のフライパンやオープン皿、土のかまど、漆の小皿、木の升といった日常使いできる食卓道具を、県内の作家に直接教わりながら作ることができる。

100987_02.jpg

      木でつくる       
1号枡、0.5号枡
パーツを磨き、組み立て、自然由来の油脂を塗り上げます。フチが薄く、使い易いのが特徴です。小さい枡は計量に便利で、酒器としても。

      講師 IKARI木工舎(木工)
   参加費 1号枡で1,500円(+600円で0・5号枡)
      定員 各回6名
所要時間 約90分
  日時 9月22日(土)13:30~、9月23日(日)9:30~

      金でつくる       
銅のフライパン、浅型鍋、オープン皿
銅板をたたいて、フライパンや浅型の鍋、オーブンで使用できる皿のいずれかを選んで作ります。卵料理やパンケーキがキレイに焼き上がります。深さと取っ手を自分好みに選ぶことができ、希望者には内側を錫引きで仕上げる他、注ぎ口の追加も可能です。
※直径21㎝、取っ手は木製または真鍮製。作品は仕上げ後、約2週間後のお渡し。

  講師 池田晴美(金工)
 参加費 7,000円
  定員 各回4名
所要時間 約180分
  日時 9月22日(土)13:30~、9月23日(日)9:30~

      漆でつくる      
うるし絵、変わり塗りの小皿
小皿2枚に漆で絵を施したり、凹凸のある模様をつけたりします。菓子皿や取り皿として使いやすいサイズです。赤や黒以外の色漆もご用意しています。図案はあなただけのオリジナルで。
※直径10.5㎝、高さ1㎝。作品は仕上げ後、約2週間後のお渡し。本漆を使用するため、作業後かぶれる場合があります。

  講師 斉藤慎二(漆工)
 参加費 2枚で4,500円
  定員 各回6名
所要時間 約120分
  日時 9月22日(土)9:30~、9月23日(日)13:30~

      土でつくる      
1合炊き土かまど
版築(はんちく)の技法を使って、1合炊きの土かまどを作ります。炊飯は25gの固形燃料1ツを使い、待つだけで美味しいごはんが炊き上がります。1日目は型に土などを詰め、一晩乾かした後、2日目に土台を取り付けます。

  講師 寺西一貴(左官)
 参加費 6,500円(アルミ製釜、木製蓋を含む)
  定員 8名
所要時間 半日×2日間 ※2日間参加できる方が対象
  日時 9月22日(土)9:30~、9月23日(日)13:30~


自分で手作りすることで素材の良さに気付き、日常の道具として愛着が湧くはず。「毎日使って欲しいから、ちゃんとしたものを」という思いで実施する本格的な体験内容は、今回限り。

使用感など、詳細についてはぜひHPをチェックしてみて。

100987_03.jpg


★申し込みについて★
TEL、FAX、メールのいずれかにて受付。
定員に達し次第〆切.
空きがあれば当日参加も可能。

高岡市デザイン・工芸センター
TEL:0766-62-0520/FAX:0766-62-0521
Mail:tdcc@suncenter.co.jp



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



素のものワークショップ
-手仕事のある食卓-
―――――――――――――――――――――
会:高岡市デザイン・工芸センター
  (高岡市オフィスパーク5)
―――――――――――――――――――――
開:9月22日(土)・23日(日)9:30~16:30
    ※内容により異なる
―――――――――――――――――――――
¥:1,500円~7,000円
―――――――――――――――――――――
問:高岡市デザイン・工芸センター
  (0766-62-0520)
―――――――――――――――――――――



その他のイベント記事