タナベマサキ

富山県砺波市出身のラジオパーソナリティ、役者。劇団 CASTINGBOARD 創立者。FMとやま「RADIO JAM」(毎週月〜木曜16:00-19:00)をはじめ、FM福井、FMとなみ、となみ衛星通信テレビ、ケーブルテレビ富山などでDJとして活躍中。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Cosmos/8960/

男女が平等の社会

 時の総理が「女性が輝ける社会」と声高らかに理念を語ったりしてますが、僕はこの発言を逆に差別だと感じるんですよねー。
裏っ返すと「世の中は男性上位だかけど女性の皆さん精々頑張ってねー」って聞こえたりするんです。
てか僕はすでに女性は輝いてると思うんです。なのに「女性が輝ける社会」などというのはむしろ失礼なんじゃないかと・・・。

 誤解を恐れずにいえば現状では男女が平等の社会作りなんて無理なんです。
一般的に身体の大きさや身体能力も違うし、物の考え方も恐らく違うのでしょう。もし本当に男女が同じなら性同一性障害など起こらない筈です。
それを無理やり同じ型に納めようとするからおかしなことが起こるんです。


 僕は「男らしさ」「女らしさ」っていう言葉に全く違和感を覚えません。むしろそれを大切にして欲しいと思います。(余談ですが「男らしくない」っていう発言出ても回りはなんの批判も出ませんが、「女らしくない」って発言が出ると途端にバッシングが起きる。男女平等をうたうならどっちも批判が出てもおかしくないと思うのですが、男は槍玉にあがってしまうのは、ある種の男性悲哀話です。笑)

僕は「男女が平等の社会作り」を目指すよりも「男女が幸せになる社会作り」を目指すべきだと思うのです。
それには男性の意識作りをしていくべきだと思うのです。
女性がいたら席を譲るのを当たり前にするとか、女性にドアを開けて差し上げるとか、重い荷物を女性に持たせないとか、優しい言葉を積極的にかけるとか・・・
そういったベース作りをした後でないと社会は上手くいかないと思うのです。
男女共同参画の時代だからといって男性のする事を女性に求めるのは実はナンセンスなのです。

変わるべきはむしろ男性の方なのかも知れません。
紳士学の様なものを小学校の内から叩き込んでおく。そういった教育の在り方からまず始めていかないと、本当の意味での男女「平等」の社会なんか出来ないと思います。

姓が変わったり、妊娠や出産などを経験する女性は本当に強いと僕は思いますし、尊敬もしてます。
そういう事を理解出来る社会作りこそが今の日本に求められるべきものではないでしょうか?

男!!もっと頑張らないとダメだって!!
と言ってやって下さい。笑

Takt会員について レギュラー会員登録 プレミアム会員登録
JCバール mind saito 県広報とやま 大島絵本館 富山まちなか情報ハブステーション[なかもん Web] 〜Nan,Come on!〜 BiRAKU とやま家づくりネット会員募集!
ページの先頭へもどる↑