タナベマサキ

富山県砺波市出身のラジオパーソナリティ、役者。劇団 CASTINGBOARD 創立者。FMとやま「RADIO JAM」(毎週月〜木曜16:00-19:00)をはじめ、FM福井、FMとなみ、となみ衛星通信テレビ、ケーブルテレビ富山などでDJとして活躍中。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Cosmos/8960/

足るを知る

今年も暮れていきます。
ご多分に漏れず皆様も慌ただしい日々を過ごしてらっしゃるのではないでしょうか?
お家や会社の大掃除に、クリスマスの準備と後片付け、おせちの準備に年越しそばの準備、お年玉の準備に、受験勉強・・・加えて日々の家事などな ど・・・・。
「あーん・・・考えただけでもやんなっちゃう」
という声が聞こえてきそうです。
頑張りましょう。
年が明けてしまえばコッチのものです。笑


さて、皆さんとって今年はどんな年でしたか?
「もう何にも言う事がないくらい最高!毎日楽しくってしょうがなかった!幸せだった!みんなありがとう!」
・・・っていう人は・・・ほぼいないんじゃないでしょうか?
逆に「仕事もプイベートも最低だった。給料は上がらないし、恋人も出来ないし、ホント最悪な一年だった・・・」
って言う人は多いかも知れません。
もっと言えば「同じ職場の同期の一人は寿退社して、もう一人のコは職場で重要なセクションのポストを任されて、私だけおいてけぼり・・・・。来年 にはあの二人に不幸がくればいいんだわっ!!」
って事までを考えるようになるとちょっと危ないです・・・。笑


しかしホントに自分は不幸なのでしょうか?
そもそも幸せとか不幸っていうのは何なんでしょう?


「他人に比べて自分は不幸だ」とか「私はあの子より能力が勝っているから幸せだ」とか「金持ち以外と付き合うなんて考えられない」とか・・・。
「楽しい!」とか「嬉しい!」って基準を自分の中の価値観じゃなく、いつのまにか人に委ねてしまっていませんか?
僕はそういう風に考える事にちょっと違和感を覚えます。


例えば・・・
病気をしたりケガをしたりして健康の有難さに気付く事があります。また身近な人を失ってようやくその人の大切さを思い知らされる事があります。
あるいは・・・
小さい頃は学校の帰り道に蝶々を見つけたり、きれいな野花をみつけたり、晩ご飯が自分の好物だったり・・・。今から思えばなんであんな小さなト ピックでテンションが上がったんだろう、ってことないですか?
でもそのときの事を思い出すと心の中がポッと暖かくなったり・・・。

僕は「幸せ」は具体的な「何か」が存在するのではなく「気付く」という事に至るんじゃないかと思う。
「家族がみんな健康で元気」とか「大金持ちでもないけど食べるのには困らない」とか、「全然オイシイ話とか
持ってくる訳じゃないけどあの友達とい るだけでなんか楽しい」とか。
それで十分・・・。
っていうかそれ以上を求める必要が果たしてあるだろうか?(特に僕の場合いいことが続きすぎるとその反動で何かとんでもない落とし穴にハマっちゃ うんじゃないかと思うので・・・。)

それでもムカつく上司がいたり、親の一言に腹がたったり、彼氏や旦那がだらし無かったり・・・日々穏やかにいられないのも分からないでもありませ ん。
でも、「あの人にも守るべき家族や立場や(取るに足らないような小さな)プライドもあったりするんでしょう。まあ大目にみてやるか」と考える方が 楽になれるし、人として成長したように感じられたりします。

ともかく今の自分が日々安穏と暮らせたりするのは小さな幸せの上の危うい中に存在しているという事に気付く事が幸せを感じられる第一歩なんじゃな いでしょうか?

「足るを知る」(老子のお言葉)事は幸福へのプロローグである気がします。
コレは厄年にいろいろあった僕が感じた事です。
自分の価値観ともう一度向き合う事。
自分の身の回りにある「当たり前」と向き合うこと。
そうすれば世界が変わって見える筈。

「でも人間、そんなに簡単に変われるものかしら・・・?」
そう考える人もいらっしゃるでしょう。
大丈夫。
年が明けてしまえばコッチのものです。

2年も拙いエッセイにお付き合い頂きありがとうございます。また機会がある時の為にネタを探しておきたいと思います。なければ大ケガしてでも作りたいと思います。(笑)本当にありがとうございました!

100448_01.jpeg

この写真の中に幸せが潜んでいます。
さてどこでしょう??(笑)

100448_02.jpeg

幸せはこのトランプのように危うく脆いものなのです。

Takt会員について レギュラー会員登録 プレミアム会員登録
JCバール mind saito 県広報とやま 大島絵本館 富山まちなか情報ハブステーション[なかもん Web] 〜Nan,Come on!〜 BiRAKU とやま家づくりネット会員募集!
ページの先頭へもどる↑