タナベマサキ

富山県砺波市出身のラジオパーソナリティ、役者。劇団 CASTINGBOARD 創立者。FMとやま「RADIO JAM」(毎週月〜木曜16:00-19:00)をはじめ、FM福井、FMとなみ、となみ衛星通信テレビ、ケーブルテレビ富山などでDJとして活躍中。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Cosmos/8960/

野球好き男子

実は中学生まで野球をやってました。
ボクを知っている人は運動しているイメージがあんまりないと言われますが、実は中学の3年間わりとマジメに部活やってました。
もっともセンスのかけらもなかったので3年間ベンチウォーマーでしたが・・・・。
練習試合でも一回もバッターボックスに立った事がなかったけど、よく腐らずに練習参加したもんだと結構自分に感心してしまいます。(笑)

ところで中学や高校などで野球部の練習を見た人なんかは「また野球部、ナゾの言葉を大声で発してるわ~。」と思った人も多いと思います。
アレは何を言っているのか??
主には攻撃側は「このバッター長打あるよー!」とか「盗塁あるよー!」とか「バッタービビってるぞー!」とか相手チームに対してのプレッシャーの 言葉だったり・・・・一方守備側は「コッチ(自分の守っているポジション)もってこーい!」とか「(2ストライクで)追い込んだぞー!」とか 「バッタービビってるぞー!」
とか相手チームにプレッシャーをかける言葉を叫んでいます。
それが混ざりあうとナニいってるか分からないナゾの呪文合戦になるのです。
(中にはホントにナニを言っているのか分からない事もありますが・・・ex.
「バッチコーイ!」「ガイヤバーック!」「キャッチ、ウシロ!」と か・・・。
イヤ、ちゃんと意味はあるんですが回りから見るとナニ言ってんだって事になると思います)

実は野球以外をあまり体験した事がないので、他のスポーツはどうなのかよくわかりませんが、野球の心理戦はちょっと特殊のような気がします。
テニスボールぐらいの大きさのボールをテニスコートの何倍の大きさのグラウンドでやる訳ですからもうちょっと大雑把でも良さそうな気がしますが、 例えばプロ野球の場合ピッチャーが投げる所からキャッチャーまでは1844cm、塁間(ベースとベースの間)の距離は2743cmと決まっていま す。
およそ100m×100mというタダッピロイグランドでcm単位で決められてるのが凄くないですか?
野球のボールも繊細です。重さや大きさも0.1グラムや0.1ミリ単位で決められてますし、ボールの縫い目は日本人に馴染みの深い108つと決め られてますし、日本は牛皮、アメリカは馬皮を使うことが決まっています。
(日本人のピッチャーがアメリカで苦戦するのがボールの大きさや皮の質感 にすぐにアジャスト出来ないのが原因と言われています)
かと思えばストライクゾーンはバッターの胸のからヒザぐらいまでの高さで、ホームベースの一角をボールがよぎればストライク・・・なんですが、こ の辺の判定は審判の目にゆだねられているので非常に曖昧とも言えます。
審判も人間ですからストライクゾーンが広い人や狭い人、その日によって変わる人もいたりするのです。
それから大抵のスポーツは試合終了が時間で区切られていますが、野球の場合、時間ではなく基本的に9回27アウトをとるまで終わらないのです。 26アウトとっても負けてしまうケースも多々あります。つまり最後の最後までどうなるか分からないという醍醐味があります。

・・・・どうですか?ルールをちょっと紹介しただけでも奥が深くないですか??
ルールですらこんなに細かいですから戦術、戦略はもっとデリケートとかも知れません。
バッターによって守備位置を変えたり、打順によって自分のバッティングスタイルを変えたり・・・。
ラグビーやサッカーのように体同士がぶつかりあうというフィジカルは激しくないですが、メンタル的な要素は非常に繊細なのです。

野球はぼんやり見てると同じようなシーンが延々と続くように見えますが実はいろんな人のいろんな心理で動いているのです。

面白いですね~・・・・と思っているのはオレだけなのか・・・。(笑)
でも野球好きな人は繊細というかセンシティブな人が多いかもしれません・・・。
野球好きな男子に悪い人はいません・・・。(と思います)
富山にもサンダーバーズっていうプロ野球チームがありますし、彼氏とのデートで野球観戦はいかがでしょうか?

(ココでちょっと注意しなきゃイケナイのは野球ファンと特定の球団のファンは微妙に違うと言う事です。特定の球団ファンの人にはまれに野球ではな く、とにかくひいきの球団が「勝てさえすれば良い」という方もいらっしゃるのでお気を付けください)

 


 

Takt会員について レギュラー会員登録 プレミアム会員登録
JCバール mind saito 県広報とやま 大島絵本館 富山まちなか情報ハブステーション[なかもん Web] 〜Nan,Come on!〜 BiRAKU とやま家づくりネット会員募集!
ページの先頭へもどる↑