加藤美由紀

岐阜県出身のアナウンサー、ナレーター。富山テレビ放送「Youドキッ!たいむ」などで活躍。2011年4月より拠点を東京に移し、活躍の幅を広げている。シグマセブンe所属。

立山は若さの秘訣!?

みなさん、こんにちは!
先月は、立山登山を楽しみました!今年で4回目となる登山。
私が富山に住んでいた頃から始めたものです。東京にきた今でも続く、ビッグイベントです。
今回は、東京の知人ら8人と富山の友人、合わせて15人という大所帯で楽しみました。
10月20日。
登山としては時期が遅く、すでに初雪も降った立山。初心者には厳しいとの判断から、今回は登山ではなく、弥陀ヶ原を散策することになりました。山で無理は禁物です。
山のプランは、友人が立ててくれ、私は連絡係と飲み会のセッティング。富山テレビ時代から宴会の幹事役が多かった私だけに段取りをするのも楽しみの一つなのです。
余談ですが、幹事をすることは若さを保つための秘訣らしいですよ。自分の好みのプランを企画し、自分がやりたいことを現実のものにできるため、「満足度」が得られるからだそうです。
当日は晴天にも恵まれ、紅葉の見頃もピークな弥陀ヶ原で、様々な山の表情を観ることができました。
富山県民は、小学生の頃に立山登山をするそうですが、大人になってからは一切、登ってないという人が多いようですね。
「せっかく良いところに住んでいるのにもったいない。」そんなところから友人と山登りをはじめるようになったのです。
大人になって登るのも、またいいですよ。小さい頃にはすぐに登ることができたのに、大人になった今、友人に言わせると、「こんなにも雄山って登るのが大変なところだったっけ?」となります。
当時とは違う体力の衰えを感じたり、景色が違って見えたり、大人になってからだと感じるものも違うようです。ですから、是非、富山県民のみなさんには、山に登って欲しいものです。
なんだか熱く語ってしまいましたが、皆さんには、世界に誇れる素晴らしい立山の魅力を存分に味わって欲しいと思います。
それと、山の良さは、「天候などの含め、自然に合わせなくてはいけない」ところです。
社会に出ると、どうしても自分の都合の良い方に物事を考えがちですが、自然は、そういうわけにはいきません。そこに合わせるしかないのです。
「自然」にはかなわない。人間なんて意外にちっぽけなもので、日頃、本当にどうでもいいことで、自分がもがいているのだなあとよくわかります。
また、山登りは、その時々で、冷静な判断を必要とされます。
そういうところにも山の魅力はあるのかなと思います。
来年も登山を楽しむ予定です。何か楽しみを一つ計画するだけで、毎日の暮らしが楽しくなります。
みなさんも、残りわずかな2012年を満喫してお過ごしくださいね。
生き生きと目標を持って過ごすこと。これが「若さの秘訣」だと私は思います。

 

100181_01.jpg

仲間と

100181_02.jpg
 
山で誕生日のお祝い♪
 
100181_03.jpg
 
紅葉が眩しい
 

 
 
Takt会員について レギュラー会員登録 プレミアム会員登録
JCバール mind saito 県広報とやま 大島絵本館 富山まちなか情報ハブステーション[なかもん Web] 〜Nan,Come on!〜 BiRAKU とやま家づくりネット会員募集!
ページの先頭へもどる↑