加藤美由紀

岐阜県出身のアナウンサー、ナレーター。富山テレビ放送「Youドキッ!たいむ」などで活躍。2011年4月より拠点を東京に移し、活躍の幅を広げている。シグマセブンe所属。

富山、おひとりさま応援団♪

私は、つくづく思います。
やっぱり『富山』が大好きなのです。それは、『自然豊かなところ』、『お米がおいしいこと』、『お魚がきときと』『歴史あるお祭りがある』・・・などなど言い出したらキリがありません。
そんなふうですから、テレビや新聞、街角で『富山』という文字を見るだけで、敏感に反応してしまうのです。『ホタルイカ』や『白エビ』など富山の特産品にも同じくらい反応してしまいます。
私は岐阜県出身なのですが、今では、『富山県出身?』と聞かれるほど、東京で、富山を熱く語っています。30歳まで県外に出たことがなかった私が、初めて県外生活を始めたのが富山県です。富山の土地に育てていただいたといってもよいでしょう。県民のみなさんに受け入れていただき、愛をいっぱいいただきました。当然、今では富山県が私の心の故郷となっています。
東京に住んでいる富山出身のお友達と会うとみんな口々に言うのが、『将来は富山に帰りたい!』、『富山に家を建てたい!』と。なんて、富山愛が強いのでしょうと感心します。
富山愛が強いといえば、笑いコンビ、『雷鳥』もそうです。県鳥である雷鳥をコンビ名にするとは、これまた、愛ですね。みなさんもご存じのように、お姉ちゃんの藤沢さなえちゃんと弟の裕一くんの兄弟お笑いコンビです。
先日、その雷鳥のライブにお邪魔してきました。ステージに立つ彼らは、本当に輝いていました。人を笑わせるお仕事ってとても夢がありますよね。それを選ぶ二人を尊敬しますし、きっと笑いを生み出すために彼らは、相当な努力をしているはずです。

頑張っている人は、目の輝きが違います。パワーがあります。だからこそ、二人を応援したくなるのです。
聞くところによると、さなえちゃんが着ている衣装は、完全オーダーメイドで、約4万円もしたそうです。
そんなところにも彼らのステージにかける情熱がうかがえます。富山でお仕事も一緒にさせていただいたご縁のある二人。東京で、是非、『テッペン』を目指してほしいなと思います。
さて、『勝手におひとりさま応援団』。やはり、もっともっと全国に富山をアピールせねばと思うわけです。出会った方には、『一つでいいから、富山の魅力を伝えよう!』と一人で張り切っています。
以前、岐阜県の観光協会でキャンペーンスタッフのお仕事もしたことがありますので、富山をアピールすることもなんのその。お任せください!!
ああ~無性に富山に行きたくなってきました!!
そんなときは、東京・有楽町にある富山のアンテナショップへ行ってきま~す!!
100137_01.jpg
雷鳥の二人と
 
100137_02.jpg
白エビについ反応!

100137_03.jpg
スキンケアは、射水産♪
Takt会員について レギュラー会員登録 プレミアム会員登録
JCバール mind saito 県広報とやま 大島絵本館 富山まちなか情報ハブステーション[なかもん Web] 〜Nan,Come on!〜 BiRAKU とやま家づくりネット会員募集!
ページの先頭へもどる↑