加藤美由紀

岐阜県出身のアナウンサー、ナレーター。富山テレビ放送「Youドキッ!たいむ」などで活躍。2011年4月より拠点を東京に移し、活躍の幅を広げている。シグマセブンe所属。

イワシもひと休み、ひと休み。

GWも終わり、「なんだか、やる気が起きないなあ!」なんて思っていませんか?それでいいのです。やる気が出ないときは、ゆっくりしましょう。仕事や家事、育児に疲れたという方、紅茶でも飲んで、たまには、ボーっとしましょうよ。

 

「かとちゃんは、いつも元気だね!」とよく言われますが、そんなことはないですよ。私だって年がら年中、やる気に満ち溢れているわけではありません。人間ですもの、その時の気分ってありますよね。そんな時は、「ひと休み~、ひと休み~♪」。

さて、タイトルの「イワシ」とは、私のこと。

イワシは、止まることなく泳ぎ続ける回遊魚です。周りからは、「生き急いでいるね!」とよく言われることがあります。昔から何かやっていないと、ダメな性質なのです。言ってみれば、忙しくしている自分が大好きということなのでしょう。だからこそ、意識して休憩も取らないとすぐにオーバーヒートしちゃうのです。

そんな私が東京にきて、何かしなきゃと始めたのが、「絵本の読み聞かせボランティア」です。現在は、月に1、2度のペースで、地域の子どもたちに絵本を読んだり、歌を歌ったりしています。子どものいない私にとっては、未知の世界。子どもたちは、その日の気分でテンションも違うし、本を聞く態勢も違うんです。多少、振り回されている感がありますが、これがまた楽しいのです。

 

「読み聞かせ」は、私にとって新たな刺激にもなりました。

始めたころ、先生からは「そんな読み方ではだめ!!」と厳しく指導されました。アナウンサーという職業病なのか、「どうしても、きれいに読もう。」とか「少し声色を変えてみよう・・」などとイヤラシイ考えが出てしまうのです。そこがアダとなったようです。先生からは「読み聞かせは、あくまでも本が主役、あなたが主役ではないのよ。」と言われる始末。

今までやってきたことを否定されることほど、悲しいことはないですよね。正直、かなり凹みましたが、「もし、これができるようになったら、あなたは、ナレーターとしても幅が広がり、ステップアップができるわよ。」と先生は、温かい声をかけてくださいました。

このボランティアで、私は成長させてもらっています。また、ここで出会った仲間は、私の心の支えにもなっています。みなさんも何か始めたいと思ったら、難しいことを考えず、とにかく始めてみてください。何かが、きっと始まるはずです!!

私は、動き回っているからこそ、毎日が楽しいのでしょうね。とはいっても、勢いだけでやっていけるのは、若いころだけです。アラフォーの今は、自分の心と体に耳を傾け、スピードが出すぎていないか、スピードが出すぎていたら、少しブレーキを踏んで、調整しています。これで、ずいぶん楽になりましたよ。ついつい頑張りすぎてしまう方、ゆっくり深呼吸してみてください。周りの風景がよく見えてきますよ。そして、やる気が出ない方は、やる気が出るまで、ゆっくりその時を待ちましょう。

イワシもたまには、「ひと休み、ひと休み~♪」


100111_01.JPG
ボランティア仲間と
















100111_02.JPG


朗読会の相棒クマちゃん
















100111_03.JPG
ふと眺めるときれいな景色が……

Takt会員について レギュラー会員登録 プレミアム会員登録
JCバール mind saito 県広報とやま 大島絵本館 富山まちなか情報ハブステーション[なかもん Web] 〜Nan,Come on!〜 BiRAKU とやま家づくりネット会員募集!
ページの先頭へもどる↑